ビューティーマナー講座

ただ聞くだけの講座でなく、実際に美しい立ち居振る舞い身に着けつける為のマナー講座です。

人に何かを教える機会というものは、とても多いものです。
「先生が生徒に」・・・だけでなく、「家の方が子供に」、「社長が社員に」、「部長が部下に」、「年長者が若者に」「先輩が後輩に」など。

私は、マナーのレッスンを行う時は、「なぜ」→「理解」→「挑戦」→「できる」→「教える」を目標に心がけています。ただ「してみろ」「できていないから直せ」では、何をどうしたらよいのか全く分かりません。 意味のない動作はありません。 なぜそれをするのかまず考えます。意味を理解し挑戦してみます。できるまで繰り返しやってみます。無意識でもできるようになったら、他の方が理解できるよう教えてみます。

他の講座は、自分ができるかを自分の目で見て判断できますが、マナーの講座は自分一人の力では習得できない科目です。RESSON1で述べたように、第三者ができていると思わなければ、まったく意味のないものになってしまいます。
そこで、常に第三者に評価してもらい、自分のレベルを把握し、さらにレベルを上げるには、どのようにしたらよいのか本人に考えていただきます。

 

レベル     意識・能力          意味
1     無意識の無能力     → わからないしできない
2     意識の無能力      → わかっていてもできない
3     意識の有能力      → 意識すればできる
4     無意識の有能力     → 意識しなくてもできる
5     無意識の有能力の意識化 → 自然とできることを意識的に相手に伝えることができる

 

20代前後の生徒をはじめ一般の方にも教えていますが、茶道、華道、日本舞踊など和のおけいこをしている方がいない。家に和室がない。お客様が家に上がらないので接待したことない。隣に住んでいる方との交流がない。・・・など、今は、日常で自然に身に付く立ち居振る舞いをする機会がほとんどないようです。

「笑顔」「姿勢」「挨拶」「お辞儀」などの立ち居振る舞い、あなたはできますか? その動作を言葉で説明することができますか?
皆さんの意見も聞きながら、LESSONを進めさせていただきます。ご意見や疑問点などありましたらどんどん教えてくださいね。
よろしくお願いいたします。!(^^)!